JAVAレンタルサーバー

  • 1stレンタルサーバー

    1stレンタルサーバーのJAVAレンタルサーバーは、共用サーバー感覚で簡単にJAVAを利用したい人にオススメです。 レギュラープラン以上ではTOMCAT、Jboss、Jetty、Glassfishの主要アプリケーションに対応しており、JDKやTOMCATのバージョンも選択することが可能です。 JSPやservletの利用だけでなくレンタルサーバー本来の機能も兼ね備えた新しい共用レンタルサーバーサービスです。

    JSPやservletを利用したいだけなら、スタートプランをおすすめします。 スタートプランは、共用サーバーレギュラープランの機能を完備しており、コストパフォーマンスに優れたレンタルサーバーサービスを月額1,200円(税込1,260円)より利用できます。

    1stレンタルサーバーは、以下のバナーから申し込み可能です。



    レンタルサーバーとは?

    レンタルサーバーとは、サーバの利用者自身でサーバの運営・管理をしなくてもいいように、有料または無料でサーバ機のHDDの記憶スペースや情報処理機能などを利用させるサービスをいいます。 レンタルサーバー、または「サーバーホスティング」とも呼ばれます。

    レンタルサーバーは、ホームページを公開するのに利用する人がほとんどです。 ほとんどのレンタルサーバーでは、HTMLやPHPでホームページを表示することは許可していますが、Javaプログラムの利用は禁止しています。

    サーバー側で動作する(サーバーサイドJava)JSP(JavaServer Pages)などを自宅で開発しても、動作させることは難しいでしょう。 このページでは、サーバーサイドJavaを動作させたい方に向けて、1stレンタルサーバーのJAVAレンタルサービスをご紹介します。 ホームページを公開するため(Javaプログラムを動かさない)のおすすめレンタルサーバーはこちら!